本日発売の雑誌 ザ・テレビジョンCOLORS 
ヒナちゃん。
後でチェックに行きたいと思っておりますが、多分お買い上げしそうですね〜😅
orangeの時も良かったもんね。
我が家の娘のいちばんのお気に入り雑誌です〜。

また、買いましてから、感想は書くとして。



昨夜ね。
やっと観たんですm(_ _)m

渋谷すばる『歌』レコーディングムービー。
初回盤の特典DVD。

ライブの前、なんとなくバタバタしてて。
私は気まぐれなので(^_^;)
何が何でも早く観るぞ〜とはならず。
このまま、ライブの後まで観るのをやめておこうと考えまして(^_^;)

終わってからも何かと忙しく、心に余裕がなくて。
昨夜になりました。

余裕があるときに観て良かったとか思った。

そして、ライブの後に観て良かったとも思った。

あの空間にかなり近いと思いました。
もちろん、ある意味あれはメーキングであり、ライブは本番なんだけど。
あのメーキングは、ライブですね。
そう思いました。

そして、彼がこだわる《生》
生であるから出せるもの。

バンドメンバーの面々は、プロなのですから、それはすごい演奏ができるのは当たり前と思うけど。
上手いにこだわらない、渋谷すばると組むことが、すごくいい相乗効果になってる気がして。

音楽や楽器の事は、全くの素人の私ですが…。

なんか上手いじゃないんだなってのをすごく感じました。
もちろんお上手でありますけどね。

不覚にも涙がこみ上げまして。

私は初見では、出来るだけ何でも一時停止したりせず観たい人なので、細かいところはとんでるけど。
何ともいえない感動がありまして。
言葉のボキャブラリーの無さを痛感しますね😅


渋谷すばるは、《歌うたい》だなって思いました。

彼の歌い方は、万人に愛されるわけではないけど。
それも含め、渋谷すばるであり、歌うたいだな〜って。

やっぱりボキャブラリー不足ですねm(_ _)m



そして、同時に思ったのが、写真を撮影されてる時のあの顔。
やっぱりアイドルですね。
顔が、撮られる顔に、瞬時になってる気がして。

そんな事も感じました。


全くの私の主観での感想でした。



そうそう、ライブのときにすばるくんが言ってたけど、彼のお気に入りは、管楽器の3人が全然動いてないとこらしいです(笑)


そういえば、『元気を出して』だけ、録り直したって言ってたな〜。
スバラジでだっけ?
こだわりなのですね。
時には、1発で録るというそのこだわりを捨てる事も。


会報でのすばるくんの発言。
『正解はないところなんで』
それがライブ感なんだろうな〜。

エイトのライブが、どんどん楽しくなっていく予感がまたさらに増しました。

あー!
ライブに行きたいー!