SONGS OF TOKYO。
地上波の放送ありましたね〜(^^)
エイトが結構早めに流れたので、そこだけ観ました…今朝←

でも某所で観た時と曲が違ってた…亮ちゃんの、流暢な英語の挨拶もカットされてた…

もう一度、某所のも、探して観なくっちゃ。
でも、やっぱりカッコいいなぁ〜(^^)



さてさて。
今日は、羊の木の話を。
というか、雑誌の話かな(^^;;
しっかりと3冊持ち帰った話(笑)

いつもの馴染みの本屋さん。
映画誌のコーナーにすぐに向かう。
日本映画naviとJ Movie magazineは、棚に置かれてて。
シネマスクエアは棚だったか、平置きだったか…(^^;;忘れちゃった。

いやいや、そのね、日本映画naviが一番前列の棚にあったから、表紙がバーンって目に入る。
前髪ありのお髭姿、ふんわりタートルニットの首元、少し上から見てる感じのそのビジュアルに…
声が漏れた(笑)
もう…アホだ(笑)

そしてその上に置かれていたJ movie magazine
最初ね、違う某俳優さんに見えたの(^^;;
なんせ棚の加減で、目から上しか見えてない…
メガネなんですよ。

すぐに取り出し全貌を。
前髪ありのお髭は一緒。
同じ日に撮ったのかしら?って感じくらいおんなじ(笑)
でも、メガネ、白シャツ、ほぼ真正面からじっと見られる←
時計をしてる腕まで完璧(〃ω〃)

はい!決まり!2冊購入です。

そして、シネマスクエア。
他の2冊とは違って、しっかり前髪を上げてる。
上げてる亮ちゃんも良い。
だってオトコ感、やっぱり満載。
結局、3冊取ることになりました(笑)
だって、中もとってもステキなお写真ばっかりなんだもん(〃ω〃)

中はね。
亮ちゃん単体のインタビューと監督さんとのインタビュー。
シネマスクエアは、監督さんと原作のいがらしみきおさんも入っておられたので、それも買うポイントになりました。

インタビューの内容は、やっぱりそんなに変わらないよね。
そりゃそうだ。
変わったらおかしな事になってしまう…(笑)


この先はちょっとネタバレ感、ありますよ。



わたしがとっても興味があるシーンは、床屋さんのシーン。
カミソリを当てられてる時に、見ている人からクスクスと笑いがおきた…けど、亮ちゃんにしてみたらなんで?めちゃ怖いシーンらしい。
そこがとても興味深い。

そして、バンドの練習シーンも。
改めて自分がいつも動きながら、演奏してる事に気がついたとか。

私は原作を読んではいないので、よくわからないけど、映画は映画でかなり違うみたいで。
月末さんの人物像も違うもんね。

そして、亮ちゃんがその原作を読んだ直後にお話を頂いたとの事。

撮影もかなり前だったし。
なんかやっと、やっとなんだってヒシヒシと感じてて。

それに、いろんなものを目にすればするほど、私好みの話なのもヒシヒシと感じてて。

はあ…
やっぱり、私にとっても非常に感慨深い作品になるだろうな〜。


友だちがね、遠方に住んでるのに、わざわざ当地の試写会の話を教えてくれました。
もちろん申し込みました。
映画の試写会は、映画ファンには人気なので、当たらないかもしれないけど…
皆さんより1週間ほど前に見られるつもりでいる←だから倍率高いって(笑)

もう…何だか…アホだな(^^;;

すみません…
でも、これも言わせてください。


ふんわりタートルニットのビジュがやっぱり大好きすぎて、ラインのアイコン変えたよ〜。中のお写真。
でも、いまだに表紙のお写真と迷ってる…
もはや…どーでもいい話です(^^;;